ソーシャルレンディングおすすめ事業者の比較

メニュー一覧

ソーシャルレンディングを投資の視点から考察

ソーシャルレンディングで投資すれば、年利3%から10%超の収益を期待できます。その一方で、資金を借りた人が返済しなければ、損してしまいます。また、ソーシャルレンディング事業者が事件等を起こしてしまう場合も、損してしまいます。

そこで、ソーシャルレンディング事業者について、いくつかの観点から比較しました。最も「おすすめ」の事業者はどこになるでしょうか。

手数料を比較

投資するにあたり、最も気になる点の一つは、取引手数料でしょう。と言いますのは、将来の収益は、どのようになるか事前に確定しません。一方、手数料は事前に確定しています。

ならば、手数料は少しでも安い方が良いです。そこで、主なソーシャルレンディング事業者の手数料を確認しました。全社で手数料無料です。

よって、手数料で優劣を比較することはできない、という調査結果でした。

では、ソーシャルレンディング事業者は、どこから利益を得ているのでしょうか。ボランティアではありませんし、収入がなければ、社員の給料やオフィスの賃料を支払うこともできません。

事業者の主な収入源は?

ソーシャルレンディング事業者の主な収入源は、「債務者(資金を借りた人)が返済するお金」です。

イメージは、以下の通りです。

  • 債務者:年率10%で資金を借りる
  • 投資家:年率8%で利益を得る
  • 事業者:残り2%が収入になる

事業者が得る比率は、業者ごとに異なります。お金を借りた人が手数料を負担しますので、私たちは、手数料を考えずに案件を考えることができます。

利回りの大きさを比較

手数料の次は、利回りの大きさを比較しましょう。利回りが大きいと、その分リスクも大きくなると予想できます。ここでは、リスクはとりあえず脇に置いて比較します。

数字は、すべて各事業者ホームページから得たものです。

事業者名 利回り 公式
オーナーズブック 4.0%~14.6%
クラウドクレジット 2.5%~13.0%
LENDEX 7.0%~10.0%
SBIソーシャルレンディング 3.2%~10.0%
トラストレンディング 6.0%~10.0%
クラウドバンク 6.0%~7.0%

最も低い利回りは2.5%、最も高い利回りは14.6%となりました。ざっと眺めると、大きな利回りを提示する事業者は、利回りが小さい案件も同時に扱っている傾向が見えます。

逆に、最も大きな利回りを抑え気味にする場合は、最低利回りが高くなる傾向が分かります。

利回りが大きいということは、その分だけリスクが高いということを示します。よって、「利回りが高いから、良い案件だ」という図式は成り立ちません。

しかし、高い利回りを求めたい場合は、オーナーズブックやクラウドクレジットでの取引が候補になります。

返済遅延が起きた時の情報公開で比較

ソーシャルレンディング事業者がどれだけ注意を払っても、債務者(お金を借りた人)の返済が滞ってしまう例が発生するのは、仕方がありません。

債務者はお金を借りてビジネスを展開しますが、そのビジネスが不調に終わる場合もあるからです。だから、そのリスクの対価として、他の金融商品と比べて高い利回りを得られます。

ここでは、返済遅延(延滞)が発生した場合の、情報公開のレベルを比較します。延滞が発生したとき、情報を公開しなかったり、情報の提供がひどく遅かったりする事業者ですと、安心してその事業者を使いづらいかもしれません。

下の表は、実際に延滞が発生した案件について、どのように対応したかを示しています。

「該当なし」は、返済遅延が起きた事例がないと見受けられることを示します(2018年10月現在)。

事業者名 返済遅延時の対応 公式
オーナーズブック 該当なし
クラウドクレジット ホームページで進捗を公開
LENDEX 該当なし
SBIソーシャルレンディング ホームページで進捗を公開
トラストレンディング 該当なし
クラウドバンク 該当なし

支払い遅延が発生してもホームページで公開しない業者がある中、当サイトでご案内している上の各社につきましては、情報公開レベルが高いと分かります。

すなわち、何が起きているのか分からずに途方に暮れる、という状態になりづらいと期待できます。

さらに、「該当なし」は、支払い遅延が発生していないだろうことを示しています。高い利回りを確保しつつ、支払い遅延がないというのは素晴らしいです。ただし、今後も遅延が発生しないということではありません。投資には慎重さが求められます。

事業分野で比較

次に、事業分野で比較しましょう。不動産業者への貸付が多いのか、それとも海外が多いのか、といった比較です。同じソーシャルレンディングでも、事業分野で複数の事業者を使い分けることが可能です。

下の一覧は、その分野でだけ事業をしているという意味ではありません。その分野が多いという意味です。

事業者名 主な事業分野 公式
オーナーズブック 不動産
クラウドクレジット 社会事業が多い【海外案件中心】
LENDEX 不動産
SBIソーシャルレンディング 太陽光、不動産、カンボジア実習
トラストレンディング 公共事業関連
クラウドバンク 太陽光、不動産【海外案件多い】

事業者ごとに、特徴が出ていることが分かります。

一覧を見ますと、不動産関連が多いことが分かります。不動産は、私たち投資家の安全度を高められるのが特徴です。不動産を担保に取っておけば、返済が滞っても、その不動産を売却することで資金を回収できるからです。

なお、クラウドクレジットですが、海外の貧しい人々の自立支援事業等に特徴があります。よって、社会事業としました。中小企業等への貸付案件等も、多数あります。

独自サービスで比較

ソーシャルレンディングは、出資額×利回りで収益が決まります。それとは別に、何か私たちにサービスをしてくれるか?という点で比較してみましょう。

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングに登録・手続きして投資しますと、ポイントをもらえます。そのポイントを使って、様々な商品や現金と交換することができます。

SBIグループは巨大であり、ポイントシステムを保有しています。顧客にとって、ありがたいプログラムです。

おすすめの事業者はどこか

以上の比較を使って、おすすめの事業者はどこか、検討してみましょう。

選ぶにあたり、1業者に限定する必要はありません。むしろ、複数の事業者で口座を持つことが必要です。

と言いますのは、例えば同じ「不動産」といっても、事業者ごとに案件が異なります。そこで、良い案件が見つかったらすぐに対応できるようにするためです。

なお、この記事でご案内しました事業者は、事業継続に支障をきたす事件・事故が起きていません。そこで、法律順守や財務の面からは、一定の基準をクリアしていると考えられます。

事業者を選ぶ基準例

  • 国内に強い事業者から1つ~2つ、海外に強い事業者から1つ
  • 不動産に強い事業者から1つ~2つ、その他に強い事業者から1つ
  • 何か気になることがあれば、それも基準に追加

このような組み合わせだと、バランスが良いと考えられます。組み合わせ例は、以下の通りです(この3社が良いという意味ではありません)。

オーナーズブックは不動産に強いです。クラウドクレジットは海外に強く、社会貢献の意識が強いです。そして、SBIソーシャルレンディングは、SBIグループの一員だというメリットを意識しました。

SBIグループは巨大です。そこで、SBIソーシャルレンディングに何かあっても、グループからの支援を得られるのでは?という期待を込めています。

以上、ソーシャルレンディングのおすすめ事業者を比較してみました。

なお、当サイトが紹介している事業者を、クラウドファンディング事業者も含めて、以下のような分類で一覧にしています。

ソーシャルレンディング事業者
事業者名 特徴 公式
SBIソーシャルレンディング SBIグループが運営するソーシャルレンディングです。大企業ですので、安心度が高いです。
クラウドクレジット 世界各国の事業者や個人向け貸出に注力しています。分散投資の一つとして検討できます。
トラストレンディング 貸出期間は1年~2年、担保設定ありで利回りが10%前後の案件が多いのが特徴です。
オーナーズブック マンションやオフィスなど不動産に特化したローンファンドです。1万円から取引可能です。
ポケットファンディング 沖縄に本拠を置き、貸付先も沖縄周辺が多いのが特徴です。1万円から取引可能です。
クラウドバンク 国内外問わず、様々な事業案件に投資できます。貸付期間も多様なのが特徴です。
LENDEX 1年以内の短期ファンド中心、利息は毎月分配、大部分に担保を設定しています。
株式投資型クラウドファンディング
事業者名 特徴 公式
FUNDINNO ベンチャー企業の株主になって、会社が将来大きくなるのを期待するエンジェル投資です。
エメラダ 新株予約権を購入します。10年以内のIPOまたはM&Aで、大きな収益を期待します。
寄付型クラウドファンディング事業者
事業者名 特徴 公式
ふるまる ふるさと納税制度を利用したクラウドファンディングです。寄付金控除を利用できます。